プロフィールの書き方で変わる女性の反応~車内援交ガイド

週末はカーセックス三昧

プロフィールの書き方で女性の反応が変わり、カーセックスが何よりの楽しみになった私。しかし、彼女と別れてしまった事でこのところはすっかりご無沙汰状態。そこで、出会いサイトで同じ趣味を持つ女性を探すことを決意(出会いサイトなら、割り切った関係性が築けるため、何かと好都合。プロフィールを作りこめば難しくはない)。

すると、わずか1週間ほどで一人の女性と知り合うことが出来た。お互い、そもそもの目的が車内援交(カーセックス)だったため、出会ってからの行動は非常に早く、会ったその日、厳密には1時間後には車内で合体。初めて会った女性とその日のうちに車内援交(カーセックス)をする事になろうとは。今思い返してみても、なんとも破廉恥な二人。今では、週末ともなればカーセックス三昧といった感じで、お互いのこれまで培ってきたカーセックススポットを代わり番こに巡っているような状況である。

その際、私たちは必ず軽自動車を活用する。軽自動車ならば、小回りが利く分、あらゆる場所へ突入することが可能だからだ。車内は当然狭くなるが、その分密着感が増す。それよりなにより、そういった環境下(狭くて動きづらい)での行為の果てに辿り着く快感は格別なのだ!

カーセックスこそ最高の興奮

出会い系サイトでプロフィールを作りこんだことで知り合った、彼女との最もエキサイティングな時間。それはカーセックスをしている時間だ。もともと、彼女はカーセックスをしたいという希望を持っていて出会い系サイトでも同じような欲望を持っている、男性を求めていた。車での移動がベースの私にとり、渡りに船のターゲット。
もちろん、最初に出会ったのも車で。さらに夜景を見にドライブに出かけ、そのまま初めてのセックスも車の後部座席で行ったわけである。

何分にも初めてで慣れなかったが、密室で声が周りに聞こえないかどうか、スモークを張っていても見られているのではと考えると余計な二人とも興奮してしまうのが分かった。

それ以来、いろいろなところで車内援交(カーセックス)を楽しんでいる。いつもこの興奮はたまらない。

プロフィールを作りこんで車内援交(カーセックス)が簡単になってきた。

私のカーセックスの遊び方

私は出会い系サイトが趣味の一つと言っても良いくらい、毎週出会い系サイトの車内援交で遊んでいる。

いつものように遊んでばかりいるとさすがにホテル代の金銭的余裕が無くなってくるので、最近は専ら車内でカーセックスを誘うことがメインとなっている。車内援交のコツは出会い系サイトのプロフィールを作りこんでおく事が重要だ。

カーセックスはホテル代がかからないメリットがあることは勿論だが、時間が限られていても短時間で楽しむことができること、そしてなんといってもそのシチュエーションにたまらないものがあるのだ。誰かに見られそうな雰囲気。実際に除かれることもあるし、開放的になれる気分がたまらないのだ。

車内援交(カーセックス)をしたい時は、出会い系サイトの掲示板に率直にカーセックスをできる女の子を募集することとしている。返信が来ないことが多いが、返信が来た子とは100パーセントと言っていいほどカーセックスを成功することができる。

相手もそれが目的だし、会って会話をしてみて考える時間も与えないですぐにセックスに持ち込むことができるからだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です